JCBザ・クラスを目指すための最初のカードはコレ!!

 

 JCBプラチナが登場したことで、JCBザクラスへのルートに選択肢ができました。

 

 現在のJCBザ・クラスのインビテーションの対象は、 JCBゴールドJCBゴールド ザ・プレミアJCBプラチナ 所有者です。

 

 JCBゴールド ザ・プレミアJCBゴールド を保有し、2年連続で100万円以上利用することでインビテーションが受けられるため、最初の申し込み時は JCBゴールド または JCBプラチナ から選ぶことになります。

 

  JCBの案内デスクによると「上位カードを持っている方が招待を受けやすくなる」とのこと。少しでも早く、 JCBザ・クラス の保有を目指す方は上位カードである JCBプラチナ 一択でよいと思います。ただし、上位カードであるが故、審査基準もゴールドカードより厳しいのは間違いありません。これまでJCB系のカードでの利用実績や年収に自信がないのであればゴールドカードから始めるのもよい選択かと思います。

 

 一方でクレヒスを高めながらいづれは JCBザ・クラス の保有を考えている方は JCBゴールド の方がおすすめです。

 

 JCBゴールドは他のゴールドカードと比較してもサービスや付帯保険が充実しています。また、上位の ゴールド ザ・プレミア は前年度100万円以上の利用があれば年会費はゴールドと同じ10,800円で、コンシェルジュ・デスクグルメベネフィット を除き、ほぼJCBプラチナと同等のサービスを受けることができます。

 

 ここでは JCBプラチナJCBゴールド一般カード も含めて比較したいと思います。

 

  • 年会費とサービス
        プレミアゴールド
(ゴールド ザ・プレミア)
一般
年会費
(税抜)
25,000円 10,000円 1,250円
ポイント
還元率*
0.85%0.85%0.75%
コンシェルジュ
デスク
× ×
グルメ
ベネフィット
× ×
ダイニング
30
(〇)** ×

 * JCB STAR MEMBERS (前年度カード使用金額によるアップ) 最大アップ率適用

 **JCBゴールド ザ・プレミアのみ適用 

 

 

  • ラウンジサービス
プレミアゴールド
(ゴールド ザ・プレミア)
一般
空港
ラウンジ
×
プライオリティ
パス
(〇)* ×
JCB Lounge
京都
(〇)* ×

 *JCBゴールド ザ・プレミアのみ適用   

 

 

  • 付帯保険
プレミアゴールド
(ゴールド ザ・プレミア)
一般
海外旅行
障害
最高1億円最高1億円最高3,000万円
国内旅行
傷害
最高1億円最高5,000万円最高3,000万円
家族特約 〇
(海外のみ)
 〇
(海外のみ)
 ×
ショッピング
ガード
500万円500万円100万円
(国内のみ)
航空機
遅延保険
最高2万円最高2万円 ×

 

 まとめますと、

JCBプラチナがおススメな人

 ・最短で JCBザ・クラス のインビテーションを目指したい人

 ・コンシェルジュ・デスク、グルメベネフィットを使用する人

 

JCBゴールド(ゴールド ザ・プレミア)がおススメな人

 ・じっくり JCBザ・クラス を目指そうと思っている人

 ・高付加価値なゴールドカードを保有したい人

 ・コンシェルジュ・デスク、グルメベネフィットが不要な人

 

 最短でJCBザ・クラスを目指すのか?など、自分のサービスの使用シーンと相談して、ご自分に合ったカードを選んでください。

 

 

 

 本記事は2019年5月時点の情報をまとめているため、サービス、価格が変更となっている場合があることをご理解ください。