JCBザ・クラスを解約する日はくるか?

 

 こんにちは ” まつのひきわ” です。

 

 これまでに『 JCBザ・クラスを持つ7つの理由 』としてJCBザ・クラスの良いところとして、以下の7つのおすすめポイントを紹介させていただきました。

 

・ ザ・クラス・コンシェルジュデスク

・ プライオリティ・パス & 空港ラウンジサービス

・ グルメベネフィット

・ ザ・クラス メンバーズ・セレクション

・ 最高の?コストパフォーマンス

・最高レベルのステータス性

・ ディズニーリゾート特典

 

 まとめてみてひとつ感じたことがあります。「 JCBザ・クラスは価値あるカードだとアピールさせていただきましたが、自分にはこのカードを持つ必要があるのか? 」という疑問です。

 

 そこで、保有している約4年間を冷静に見返し、それぞれのサービスを活用しているか、必要としているのか、そして、私のモットーである、『人生を豊かに』してくれているのか考え、自分がJCBザ・クラスを保有している本当の理由は何か、これからも保有し続けるのか考えてみました。

 

 

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

AllClear55によるPixabayからの画像

 

 いわゆる秘書サービスで、プラチナカードの最大のメリットのひとつと言われているサービスですが、4年間で片手で足りるほどしか活用していません。

 

 旅行やレストラン、ショーなどの手配が一般的ですが、正直なところ旅行に関しては行先、手段、宿泊先など自分で調べて選択するなど計画を立てるところが一番好きなため、いつも自分で動いてしまいます。

 

 また、出張に関しても数えきれないほどありましたが、社内に旅行会社の代理店が常駐しているため、自分で手配する機会はありません。次にレストランなどの手配ですが、格式の高いレストランを使用するようなシーンは一介のサラリーマンには皆無でした。

 

 使ったのは子供のお宮参り後の食事会などの数回で、コンシェルジュサービスがあるから使ってみようとしただけで、 このサービスがなかったとしても何も困っていないですし、このサービスがあったことで、わたくしのモットーである 『生活を豊かにする』に対して、豊かになったか?というと残念ながら実感はないです。

 

コンシェルジュ・デスク

コンシェルジュ・デスクサービスは ” まつのひきわ ” にとっては宝の持ちぐされ

 

 

プライオリティ・パス&空港ラウンジサービス

 

  JCBザ・クラスのプライオリティ・パスは最上級の プレステージ会員 です(通常なら会費$429)。ラウンジを何度でも無料で使用できます。また、 通常は同伴者1名につき、$32が必要ですが、 JCB独自のサービスとして、同伴者1名まで無料、2人目以降は\2000/人で使用できます。

 

  JCBザ・クラスのラウンジサービスも優れており、ザ・クラス本会員・家族会員それぞれの同伴者1名まで無料で利用できます。

 

 JCBザ・クラスの空港ラウンジサービスはプライベートの旅行などで、多少、使わせてもらっています。ただ、嫁の家族カードと合わせて4名無料で使用できるのですが、残念ながら我が家は3人子どもがいて、さらにまだ小さく、落ち着いてラウンジでくつろぐという感じではないため、買い物の途中等でちょっとのどを潤しに行くというような使い方になっています。十分使えているわけではないですが、十分『生活を豊かに』してくれています。

 

 一方で、ビジネスでの出張時に活用できそうなプライオリティ・パスですが、国内および、近距離はコーポレートカード(ゴールドカード)でラウンジが使用でき、長距離はビジネスクラス移動のため、航空会社のラウンジが使え、今までプライオリティ・パスがあって助かったという経験はありません。

 

 ただ、初めて訪れる空港ではせっかくなので、プライオリティ・パスのラウンジも体験させていただいています。

 

プライオリティ・パス & 空港ラウンジサービス

十分に使えているわけではないが、『 人生を豊かにしてくれているサービス

 

 

グルメベネフィット

 

 グルメベネフィットとはJCBにより厳選されたレストランを2名以上で利用すると、1名分が無料になるサービスです。おおむね1人1万円から2万円のコースが店ごとに設定されています。

 

 日本全国から自分では予約しないような格式の高そう?な店が約130店舗、名を連ねています。やはり首都圏の店舗数が多いです。

 

 こちらのサービスは通常では使用しないようなお店のコースをお値打ちな値段で堪能できるため、定期的に利用しようとしていますが、格式が高い店も多く、小さな&うるさい子連れでは行き難く、3人の子供を持つサラリーマンには使用できる機会は限られている。というのが実情です。

 

グルメベネフィット

間違いなく、『 人生を豊かにしてくれるサービスではあるが、

正直なところ、なくても全く影響がない。

 

 

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

 『 年に1度の、特別なプレゼント。ザ・クラス会員の皆様のために選び抜いたアイテムのなかから、お好きなものを選べる「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」。人生を豊かに彩る価値ある逸品をはじめ、旅行やグルメなど上質のラインアップをご用意しました。ザ・クラスだけの「感動」をお届けします。』と謳われているJCBからのギフトです。

 

 様々なギフトが用意されているが、ラインナップは市場で入手可能な1万5千円から2万5千円程度の商品であり、このギフト分、年会費が高いと考えれば、メンバーズセレクションがなく、年会費が安くなるプラチナカードでも十分では、と感じることもあります。

 

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

ギフトはうれしいが、人生を豊かにしてくれて 』心が躍るほどではない。

 

 

ディズニーリゾート特典

 

 ディズニーランド:スター・ツアーズ、 ディズニーシー:ニモ&フレンズ・シーライダー の秘密の?会員専用ラウンジが利用できます。

 

 ラウンジでは休憩ができて飲み物も提供されます。そして、休んだ後はそのままアトラクションへ優先搭乗です。 ディズニーファンならだれもがうらやむ体験を唯一できるのがこのカードです。 子持ちパパには夏は涼しく、冬は暖かいラウンジで休憩でき、列に並ぶことなく、アトラクションに乗れるのは本当にありがたいです。

 

JCBラウンジの利用には事前予約が必要です。利用日の1カ月前より専用番号に電話にて予約します。

 

 また、 JCBザ・クラス会員専用バケーションパッケージディズニーホテルのスイートルーム優待(20~40%オフ) は利用したことがありません。我が家は ホテルミラコスタ ポルト・パラディーゾサイド・ハーバービューに宿泊することがディズニーへ行く際の重要ポイントであり、大人気の部屋のため、専用バケーションパッケージで予約をトライしても取れたためしがありません。そのため、予約が解禁される6カ月前に個人で予約したり、それ以降は毎日のように空きがないかチェックしています。

 

 

ディズニーリゾート特典

ディズニーの会員ラウンジが使える特典はJCBザクラス限定の特典で、『 人生を豊かにしてくれる 』他のプラチナカードで代用できない価値です。

 

最高レベルのステータス性

 そもそも、簡単には入手できないステータスカードを保有したいと思い、JCBカードに入会し、このJCBザ・クラスにたどり着いたこともあり、最大の保有理由です。

 

 他のステータスカードでもよいのでは?という点もありますが、VISA、MastercardJCBAMEXDiners Clubのプロパーカードでインビテーションが必要というで誰でも保有できるわけではない点が重要。JCBザ・クラス、ダイナース・プレミアム、アメックス・プラチナ*が候補の中、簡単には手に入らないが、手に入った際は維持ができるカードがJCBザ・クラス だと思います。

 

 正直なところわかる人にしか分からない、完全な 自己満足だと思います。

 *アメックス・プラチナは現在は申し込み可能になっています。

 

最高レベルのステータス性

保有しているという自己満足、優越感を満たし、『 人生を豊かにしてくれている

 

 

” まつのひきわ ” がJCBザ・クラスを保有する本当の理由

 

 JCBザ・クラスを含めたプラチナカードの特典・機能はほとんど必要としていないが、申込みすらできない高ステータスカードを保有しているという自己満足欲を満たしてくれ、唯一無二のディズニー特典を有しているため

 

  ” まつのひきわ ” がJCBザ・クラスを保有し続ける理由は機能・カード特典という次元ではなく、単に自己満足、優越感でした。恥ずかしながら、器の小さい男だと再確認しました。

 

 

 本記事は2019年7月時点の情報をまとめているため、サービス、価格が変更となっている場合があることをご理解ください。